地元の商店を知ろう!ハロウィーン協賛店特集

2014年12月5日

今年も無事、ぴーれの一大イベント「ハロウィーンパーティー2014」が終わりました。
たくさんの笑顔が見られたのは、商店街のご協力があったからこそ。
そこで今回は、恩返しの意味も込めてお世話になった協賛店についてご紹介いたします。

 PB184035.jpg

地元商店を知ろう!

狛江市役所近くのランドマーク的存在 「木村メガネ」さん

季節に合わせてディスプレーを変え、通行人の目を楽しませてくれる「木村メガネ」さん。

ちょうど子どもの目線なので、ちっちゃなお尻でかがんで眺めている姿はとっても癒やされます。
PB184034.jpg PB133971.jpg

小学生たちの寄り道スポットにもなっていて「キムジイ」の愛称で親しまれているのは店主の木村さん。

 PB103896.jpg

創業は昭和48年。当初からほぼ同じ場所で営業していましたが、小田急線が高架になった時の区画整理で現在のビルへ場所を移しました。

元々お祭り騒ぎが好きだという木村さん。今回のハロウィンイベントにも二つ返事で協賛を引き受けて下さいました。
「子育てしているような若い世代と商店街の交流ができて良かったよ。パレードの時のお年寄りたちの目も温かかったし、いいイベントだったね」
とお褒めの言葉をいただきました。
9月に行われた「狛江フェスティバル」の実行委員事務局をつとめるなど、狛江のイベントを支えてきた方でもあります。
もし店頭で見かけたら、ぜひ話しかけてみて下さいね。

 

商店街イチ早起き!?「ちいさなパンの木」さん

朝6時半から開店している「ちいさなパンの木」さん。惣菜パンから食パンまで常時80種類ほど商品を取りそろえています。

これらのパンを生み出しているのは、店主の高木さんです。室温28℃の中にずっといるので、寒いのが苦手なんですって。
PB103909.jpg PB133967.jpg
朝はなんと2時半起き!長期休暇は正月とお盆くらいなので、「年中寝不足だよ。」
「昔から味が変わらずおいしいわね。」とお客さんに言ってもらえるようなパン作りを目指しています。
「でも、お客様の舌は年月がたつごとに肥えていくから、その舌に『かわらずおいしい』と言ってもらうには、お客さんの1歩先に立った
味を研究していかないといけない。だから、材料の配合自体は初期からだいぶ変わってるんだよ。」
創業した昭和53年からずっと、進化し続けているのですね。
PB133962.jpg

また、「その日最後のお客さんにも全種類の中から選んでもらえるように、売り切れの商品が出ないようにしてるよ」と高木さん。
廃棄が出てしまうのも覚悟で、「いつでも欲しいパンが売ってる」という安心感で次の来店に繋がるよう、気を配っているそうです。
PB103911.jpg
こちらは、消防署より毎年頼まれている「防災応援プレート」 年に2回ほど、防災週間の時だけ展示されるレアものです。

 

2年連続ありがとうございます!「肉のしらい」さん

昨年に続き、木村メガネさん・フレッシュ萩昌さんとともに協賛して下さった「肉のしらい」さん。
PB133950.jpg PB133960.jpg

創業は昭和24年で今の店主で3代目。狛江で2番目に古い精肉店だそうですよ。

仕事の4割は病院や学校、お店や個人のお宅への配達業務で、15時以降は外回りでお忙しいご主人の白井さん。
来店客はほぼ常連さんで日に60人くらいが店頭でお肉を購入していきます。
PB133955.jpg
「ハロウィンでお菓子下さってありがとうって、何人かのお母さんが来店して買い物していってくれましたよ。うれしかったなあ。」とご主人。
お礼を言いに行って下さった方、ありがとうございます!こういうお話聞けると、私たちぴーれメンバーもとっても嬉しいです。
今年も12月22日あたりから店先で「ローストチキン」を販売します!テーブルでお尻ふりふり踊るサンタの人形が、みなさんのご来店をお待ちしてますー!

 

初参加ありがとうございます! 「花はなやさん」

四季おりおりの花をいつも美しく飾り、店頭がカラフルな「花はなやさん」
本物のお花が咲いている”はなかっぱ”を見て、喜んでいるお子さんも多いのではないでしょうか?
PB184053.jpg PB184049.jpg
今年初めて協賛いただき、店頭でお菓子を配ってくださいました。

 PB184061.jpg
店に入ると、たくさんのお花の匂いに囲まれて幸せな気持ちになれます。サボテンちゃんもいますよ。育児に忙しい毎日でも、家にちょっと花を飾るだけで心が落ち着きます。
お誕生日からお供えまで、様々な行事で欠かせないお花。
12月25日以降には、花はなやさんオリジナルの正月飾り「しめ縄リース」が2000円前後で販売されるのでお楽しみに!

また卒園・卒業シーズンに最適な、生花を使った「コサージュ」も製作してくれます。(詳しくはこちら→ 「狛江ママのセレモニーファッション図鑑」 )

2年連続ありがとうございます! ミカンを配って下さった「フレッシュ 萩昌」さん

こちらも2年連続協賛して下さった、「フレッシュ萩昌」 店主の広瀬さん夫妻。
10年ほど前に知り合いの方から引き継ぎ、ここでお店を開いているそうです。
PB133975.jpg PB133987.jpg

八百屋さんの割にちょっと開店時間が遅いな~と思っていたら、なんとご自宅は清瀬市!
「市場に寄ってから狛江まで来てるので、渋滞にはまるとなかなか時間かかっちゃってね・・・」と話すご主人。いえいえ、遠くからありがとうございます!
今回のハロウィンパレードでは去年に続き、美味しいみかんを配ってくださいました。
「子どもたちがかわいいからね、孫みたいですよ。『ありがとう』って言われると嬉しいです。」と笑顔で話してくれた奥様。
扉がなく、とても入りやすいお店です。お子さんと一緒にお買いものをして、お店の人から直接野菜や果物を買う経験を積むのもいいですね。

PB133980.jpg

 これはチラシで作ったミニゴミ箱。レジにたくさんあって、サービスで渡しています。
「野菜や果物の皮や芯を捨てる時に使ってもらえれば・・・」と奥様が1つ1つ折っていらっしゃるそうです。
こういう細やかな心遣いが、お客さんを引き寄せているのですね。

パソコントラブルにすばやく対応!女性スタッフでママも安心「パソコンサポートサービス インテレッセ」さん

2007 年にパソコンサポート・コンサルティングを専門とする会社を狛江で起業した、社長の木全さん。
1.jpg
ご自身もお子さんがいるので、「楽しい子ども向けイベントのお手伝いができるなら」とハロウィンイベントにもご協力下さいました。

子どもの成長で家が手狭になってきたし、もう少し広いところに移るか、家買っちゃう!?と考えたとき、
「またパソコンのインターネット開通させたりセットし直すのめんどくさいな・・・」と思う人も多いはず。
そんな時自宅にささっとプロが来てくれて、あっという間にセット完了してくれるなんて最高!
女性スタッフが訪問してくれるので、小さい子がいるママにも安心です。
「パソコンの調子が悪い、メールができない、新しいパソコンの事など何でもご相談下さい。
狛江市内はご近所特別料金(2時間7500円+税)でお伺いいたします。」(詳細はこちら→インテレッセ ホームページ

 

狛江市役所内にある「狛江野菜とオイスター レストラン ジャックポット」さん

 

市役所の食堂に今年5月オープンした「ジャックポット狛江」さん。都内や沖縄で30店舗近く展開しています。
ハロウィンパレードでは、ゴールの市役所でクッキーを配って下さいました。

この店舗の厨房を仕切るのは、料理長の菅さん。
PB184071.jpg PB184065.jpg

こちらにオープンする前から狛江野菜を使用していたこともあり、引き続き狛江野菜を使ったお料理を提供しています。
子どもとシェアしやすい「ハンバーグランチ」などの洋風ランチを平日昼間に提供していますが、もともとは牡蠣がイチオシのお店。

平日は夜のみ、土日祝日は終日「焼き牡蠣食べ放題」やってますよ~。寒くなってきて、ますますおいしい牡蠣をおなかいっぱい食べられます♪
お子様連れも大歓迎で、子ども用イスも用意されています。また、お誕生日などの記念日のお祝いとして予約すると、メッセージ入りのデザートプレートをサービス!ホールケーキの持ち込みもオッケーですよ。

PB184076.jpg PB184080.jpg

そして、店内でまず目につくのがたくさんのレコードたち。これらは社長さんの趣味で集めた私物だそうで、気に入った曲を店内で流してくれます。
「お客様の中には、このレコードを聴きに来店する方もいるんですよ。」牡蠣やバーニャカウダをつまみながら、レコードに耳を傾ける・・・オトナにも居心地の良いお店です。

地元密着を目指すジャックポットさん。今後は月1回のペースで、子ども向けのイベントを開催していく予定です。
11月24日には大好評だった「こどもPIZZA教室 第3弾」を開催、盛況に終わりました。厨房の中に入って、親子で作ったピザをその場で食べられるこちらのイベントは事前予約制です。12月のイベントについては、店舗にて直接お問い合わせ下さいね。

また、子育て応援事業の協賛店なので平日17時以降と土日祝日11時以降にご来店、市から郵送されたえだまめ王子の「子育て応援カード」を提示するとお子様にドリンクサービスしてくれますよ。
(ジャックポット狛江 03-5761-7180) 

 子育て応援事業の協賛店についてはこちら→子育て応援事業 ホームページ

今年初参加!奥様も当日手伝いに来て下さったノリノリの「Italian バル×テラス HOME」さん

協賛のお願いするなりご夫婦とも全力でご協力いただいたのは、カジュアルイタリアンの「HOME」さん。

狛江駅前の松屋などが入っているビルの3階にある狛江店は平成23年8月オープンで、チェーン展開している実力派なんですよ。
代表である中元さんの地元が狛江で、「地元にいつでもみんなが帰ってこられる家のようなお店にしたい」という思いから、「HOME」と名付けたそう。
こちらも狛江市の子育て応援事業協賛店なので、えだまめ王子のカードを提示するとお子さんにジュースがもらえますよ。先日のぴーれ打ち上げでもお世話になりました♪

「階段で上がっていただき3階というベビーカー泣かせなお店ではございますが、申しつけいただければ喜んでスタッフが運ばせていただきます!
ママさんランチ会もご予約承っておりますので、お気軽にご利用下さい」と、アツいオーナーからのメッセージです。 

 

 

取材後記

今年で2回目だったハロウィンイベントでしたが、協賛くださる商店や参加者の人数も少しづつ増えてきて嬉しい限りです。
ご協力いただいた店主の方々はみなさん気さくで、子育てを応援してくださる心強いサポーターでもありました。
お店の人と知り合いになれば、会話も生まれて買い物の楽しさも倍増!そしてなにより、子どもにとってコミュニケーションの勉強の場でもあると思うのです。
これからの長い人生、大切なのはどこにいっても「人とのつながり」。そのことを親である私自身が子どもに見せていくべく、地元商店街を今後も利用していきます。
”ぴーれのハロウィーンパーティー”が狛江の一大イベントとしてもっと多くの方に楽しんでいただけるよう、そしてこの活動が商店活性にもつながるよう企画してまいりますので来年も楽しみにしていて下さいね!

 

by shino リン