ぴーれメンバー『我が家の絵本ヒストリー』~読み聞かせ苦手ママの場合~

2015年1月9日

ただ今5歳11カ月の娘と子育て模索中のtree yon yonです。
世の中、ほとんどと言っていいほど寝る前の読み聞かせをしていると聞きますが、私はその読み聞かせが苦手なんです。
そして疑問もいっぱい。電気をつけた状態で読むの?暗闇で読むの?何はともあれ、我が子にも「何か」してあげなくてはと悩んだ末・・・

ある番組でやっている「おてて絵本」0~5歳

IMG_0710.jpg
寝る前は「おてて絵本」に落ち着きました。
その日あった出来事を(他愛のないことでも)私がお話にすることで、手のひらの上に回想と想像の世界が広がって、ちょっとした日記みたいになります。
時には目が冴えちゃうくらい2人で盛り上がってしまうことも!って、寝かしつけにならないですね(笑)

しかけ絵本と気になる絵に注目0~2歳

IMG_0713.jpg    IMG_0711.jpg
なりきりえほん4 作:わだことみ 絵:ささきようこ ポプラ社  12カ月のしかけえほん4 作:きむらゆういち 絵:いもとようこ 教育画劇
IMG_0714.jpg IMG_0715.jpg
だるまさんシリーズ 「が」「の」「と」 作:かがくい ひろし ブロンズ社 左 おかあさんがおかあさんになった日 作:長野ヒデ子 童心社
  中 わたしのあかちゃん  作:澤口たまみ 絵:津田 真帆 福音館書店
  右 ちいさいあなたへ 作:アリスン・マギー 絵:ピーター・レイノルズ 
訳:なかがわ ちひろ 主婦の友社

 

読み聞かせが苦手な私でも上手に読んであげられそうなしかけ絵本や、私が読んでも「ぷっ!!」と笑っちゃうほっこり絵本「だるまさんシリーズ」が気に入っています。娘も毎日同じところで笑っています。
「おかあさんとあかちゃん」は、私が出産時に友人からプレゼントしてもらったもので、娘は好んで絵本を開いては見つめていました。

 

毎月届く絵本にお任せ2歳~5歳 

やっぱり絵本選びは難しい。本屋さんに行っても、自分好みの本を手にとってしまう。いろんなタイプを読んでもらいたいと思い、毎月何が届くか分からないお任せ絵本をフェリシモで申し込みました。

 

 IMG_0716.jpg  IMG_0719.jpg
左 いいから いいから4 作:長谷川義史 絵本館 左 野の花えほん 春と夏の花 作:前田まゆみ あすなろ書房
右 いっきょく いきまあす 作・絵:長谷川義史 PHP研究所 右 すごい虫の見つけかた 写真・文:海野和男 草思社
IMG_0717.jpg IMG_0718.jpg
上 ゆかいにひろがることば絵本 作:五味太郎 ひさかたチャイルド 上 みんながおしゃべりはじめるぞ 作:いとうひろし 絵本館   
左 おばさんのごちそう 作:五味太郎 絵本館 左 ゆっくり のんびり さく:いとうひろし 絵本館
右 がいこつさん 作:五味太郎 文化出版局 右 タイヤがゴロゴロ 作:いとうひろし 絵本館
下 うしろにいるのはだあれだ 作:五味太郎 絵本館 下 おつきさまのやくそく 作:いとうひろし 講談社

 

 娘が1歳になったあたりから届き始めたのですが、なかなか見向きもされず・・・
本棚の飾りとなっていました。2歳を過ぎたあたりから、自分から絵本を手に取り見始めたのです。うれしかったですね。
ひらがな・カタカナが読めるようになってからは、逆に私に読み聞かせをしてくれています。
最近では暇さえあれば1人で朗読したり、静かだなーとのぞいてみると読みふけっている姿が。成長をかみしめております。

 

最後に

IMG_0720.jpg
ドラゴン学 ドラゴンの秘密完全収録版 著:ドゥガルド・A・スティール 今人舎

 この本は私が独身時代にとても惹かれて購入した物で、今でも大事にしまってあるのですが、ふいに娘が手にしている
事が最近ありまして。嗜好(しこう)は似ているのかも(笑)ですね。

 

by tree yon yon   shino