幼稚園アンケート2017(子鹿幼稚園)

2017年8月9日

子鹿幼稚園のアンケート

1クラス当たりの生徒数、1クラス当たりの担任の数、 1学年のクラス数は(平均)どれくらいですか?

 ・3歳児クラス : 生徒数15人、先生3人(正1補助2)、1クラス
 ・4歳児クラス : 生徒数31人、先生2人(正1副1)、1クラス 
 ・5歳児クラス : 生徒数26人、先生2人(正1副1)、1クラス

カリキュラムの特徴と主な年間行事を教えてください。

<カリキュラムの特徴>
「楽しくなければ幼稚園じゃない!」
 ・楽しい生活を子どもたち自らが作り出す。
 ・教え込む教育よりも子ども自らが学ぶことを中心とした幼稚園。
 ・楽しませる用意ではなく、子ども自身が好きなあそびを見つけ、あそび込めるように保育者は常に援助している。

<年間行事>
 ・四季折々の季節感を体で感じられる、生活に豊かさを与えられる年間行事。
 ・春の親子徒歩遠足、親子プレイデー、プールあそび、宿泊保育(年長組・沼津市)
 ・秋のバス遠足、おいも掘り、歩け歩けハイキング、お餅つき、クリスマス会、のびのびフェスティバル、ランチパーティー、2ヶ月毎のお誕生日会 など

1日の園のスケジュールはどのようになっていますか?(代表的な一日の例)

  9:00~9:15 登園
  9:15~ 自発の時間
 10:15 朝の集まり&クラス活動
 11:30 お弁当
 12:30~ 自発の時間
 13:30 帰りの集まり
 14:00 降園
 ※月火木金の14:00~17:00 希望者のみ、ステイルーム(預かり保育)

昼食について、(1)お弁当、(2)給食の当てはまる方に○をしてください。

    (1)お弁当

園バスについて、(1)あり、(2)なしの当てはまる方に○をしてください。

    (2)なし

延長保育について、(1)あり、(2)なしの当てはまる方に○をしてください。

  (1)あり
  14:00~17:00 1,000円(おやつ代含む)

おむつが外れていない子の受け入れはしていますか?(1)はい、(2)いいえでお答えください。

  (1)はい

園として園児と接する時に大切にしていること、教育方針を教えてください。

  子どもらしく振舞える場。安心してのびのびあそべる生活の保障。
  主体的にあそびを通して子どもは学習しています。あくまで自分自身の力で自然に楽しみ、さも子ども自身が見つけ出したようなあそび空間環境を設定しておく工夫が大切。

幼稚園側からの園選びのポイント、入園後の子どもへの接し方についてアドバイスをお願いします。

<園選びのポイント>
 1. ホームページもいいのですが、可能でしたら直接ご自分の足で見学訪問してみてください。
 2. 自宅からの距離、その園の雰囲気と香り、子どもたちのあそぶ姿を参考にしましょう。
 3. 自園の保育方針を自信を持って語れる園長がいますか?

<入園後の子どもへの接し方>
 1. 不安がいっぱい。帰宅後はおおいにスキンシップを心がけてください。
 2. 口は出さず、目は離さないこと。「今日は何したの?」など質問しすぎないように。
 3. 他の子と比較するべからず。我が子は我が子で光り輝くものを必ず持っています。

その他、アピールしたいこと等なんでもご記入下さい。

   幼児期は自己表現力を育てることが最も大切。植物で例えるならば一番大切な“根っこ”を育てることです。“根”がしっかりしていれば幹は倒れません。遊びを通じて自分を表現する力(生きる力)を学びます。あそぶことが学習そのものなんです。私たち保育者も同じ共同生活者として、日々学んでいきます。
 命令、禁止ばかりでは、子どもたちは幸せ感も喜び、楽しさも味わえません。
  “楽しくなければ幼稚園じゃありません!!”

 

平成30年度の募集について

説明会日時 (H30年度)H29年  9月13日(水) 9:30~
       H29年10月16日(月)   9:30~
募集人数 (H29年度)年少30名、年中若干名、年長若干名
(H30年度)年少30名、年中若干名、年長若干名
定員超の選考方法 在・卒園児弟妹
および園バスのない幼稚園なので地域範囲を優先考慮します。

入園時一時金(H29年度)  

次年度以降変更あり

入園料80,000円
施設費20,000円
用品代約15,000円
保育料(月額) (H29年度)年少27,000円 年中・年長ともに26,000円(次年度以降変更あり)

平成30年度募集のスケジュール

願書受付、親子面接 11月1日(水)
願書や募集要項の入手方法 願書配布 10月16日(月)~31日(火)(但、土、日曜除く)

地図

子鹿幼稚園