「むいからで遊ぼう」 楽しんできました!

2011年12月1日

少し遅くなりましたが、10月29日(土)に開催された「むいからで遊ぼう」をお伝えします。

この日はちょっと暑いくらいの見事な晴天。外遊びにはもってこいだ~とわくわくしながら行きましたら、入口からもう溢れ出るんじゃなかろうかという賑わいでさらにわくわく。
入ってすぐは、ぴょんぴょんおもちゃ、こま、恐竜のたまご、シュロの葉っぱででんでんむし作り、の手作りコーナー。
各コーナーの子どもたち皆ステキな集中力で作っていました。きっと自分だけの大切なものになるんだろうな…。

こま たまご たまご完成 しゅろ

さすが女の子!           カラフルなこまが出来たね

恐竜のたまご色にするにはチラシの上でひたすらコロコロ

恐竜のたまご作業前後       右が完成!不思議!

シュロの葉はお母さんやおばあちゃんとの共同作業が楽しそう

さて歩みを進めると、大人気だと聞いていたミニSLがまさに発車するところ!しゅっしゅーと蒸気を出してかっこいい!
すでに3回乗ったという子どもさんを発見。好きなことは納得するまでやりたがる、それが子ども!並べば何度でも乗せてもらえるって親からしても最高だと思いました。
ちなみに皆さん、SLとはなんの略かご存知でしたか?「スチームロコモーション」私は恥ずかしながら知りませんでした。もうひとつ、今回の燃料となった木は、台風で多摩川沿いに散乱した木材を拾ってきて使ったんだそうです。エコですよね。

走るSL SL顔    
型式は9600 クンロクと呼ぶそう とても精悍なお顔です!    

続いて屋外最後の遊び場、松ぼっくり釣り、はねくるりんです。
一番奥にあり、素朴で簡単なのがいいんでしょうね、両コーナーともなんとも気持ちのいいゆるりとした時間が流れていて、個人的には大好きな雰囲気でした。

つり はねくるりん
この釣りは時間を止めてくれます はねくるりんの主な材料は紙と綿棒

古民家のなかも素敵でした~。こちらはパネルシアターとわらべうた。
私が行ったときはパネルシアターをやっていて、その間お母さん方はほっと一息。おむつ交換や授乳もできるし、おもちゃもたくさんあって、下の子連れにも優しい空間でした。あとすごく涼しかった!古民家すごい!

パネルシアター 赤ちゃん 台所  
みんな真剣に聞いてて可愛かったナ 赤ちゃんも自由に動ける素敵な場所 古家具が今日はキッチンだ!  

「むいからで遊ぼう」主催の一般社団法人サポート狛江代表の中川信子さんと事務局長の長谷川まゆみさんにお話しを伺いました。

nakagawasennsei 先生
    中川 信子さん    長谷川 まゆみさん

むいからで遊ぼうの企画意図を教えてください

サポート狛江では、子どもと保護者を対象とした遊び場を提供したいという想いが念頭からずっとありまして、去年の秋から具体的に企画を練りました。
とくに、お父さんがもっと参加できる遊び場をつくりたかったので土曜の開催にして、大人も一緒に楽しめる内容も考えています。
あと、遊びを通してお互いに学びあったり、子育て上の心配や気がかりなことを、気軽に専門スタッフに相談できること。
相談に関しては、こちらからも声をかけたりして自然の流れでできればと思いました。

場所がむいからなのはなぜですか? 

自然のなかで自由性があり、外でも中でも遊べる場所としてむいからっていいよねって皆前から思ってました。
そこで、むいからにお話しをもっていきましたら、ふたつ返事で快諾してくださり、なおかつ一緒にやろうと言ってくださって共催となりました。
ちょうど市もこのような広場をやりたいとの意向があり、タイアップしまして共催となったんです。

屋内でお母さん方に伺ったのですが、下の子が寝ちゃったとき「よかったら見てますよ」とスタッフの方に声をかけられたことがすごく助かったそうです

それはよかったです。屋内は赤ちゃんや小さい子が多いので手厚くしたい場所。
私は保育園長をしていたことがありまして、そのつながりで現役の保育園長さんや保育士さんなどの経験者に担当していただいています。なので見守りが行き届いているんでしょうね。
今日はスタッフがボランティア含め50人ぐらいなのですが、ちょっと足りない。ボランティアの方にもゆとりをもった人数配置にしたかったなと思いました。

長谷川さん、園長先生だったんですか!?

はい(笑) サポート狛江のメンバーには様々おりまして、それぞれのつながりでいろんな方からこの「むいからで遊ぼう」へのお力添えをいただいています。
人と人とのつながりの大切さを強く感じますし、楽しかった、また手伝うよって言ってもらえるのは本当に嬉しいです。

今後の予定を教えてください

今年はこれでおしまいですが、来年もやりますよ!! 日にちはこれからの打ち合わせになりますが、春と秋の2回開催予定です。
夏の開催はですね、今年すごーく暑くて(笑) テントで日陰を作ったり水遊びなど用意し、たくさんの方に楽しんでいただいたんですけどね…申し訳ないですが、来年の夏はやらない方向です。

最後に皆さんに一言お願いします

まずは、こんなにたくさん来ていただき喜んでいただけたことが大変嬉しいです。本当にありがとうございます。
今後も楽しい企画をしていきます。お母さんたちが楽しく子育てできるように応援させていただきたいので、是非この「むいからで遊ぼう」を活用してください。
とにかくいらして楽しんでくださいね!

 

後記

この日の来場者は、なんと1,555名だったそう!!
お忙しいなかインタビューに答えてくださり、本当にありがとうございました。
「あの方は元園長先生で、昔の教え子さんがお母さんになり赤ちゃんを連れて遊びに来られ再会されたのよ」と何気なく教えてくれたお話しにも心うたれました。

私は見たことも作ったこともないものばかりだったので、子ども時代に出会えるこんな場所があるって財産だなぁと感じました。
あと、救急場所も設けられていることに嬉しさを感じました。なにかあってもすぐに駆けこめる場所があると、いつもは止めてしまう子どもの遊びも見守れる余裕ができると思うからです。
時間の都合で、わらべうたと長屋門前での手品を見れなかったのが残念…来年の楽しみにとっておきまーす!

記事 はらり